Twitterで待ち合わせが決まり、興奮状態でした。
キュートな女の子と、初回だけ円光をすれば、その後は“ただまんの関係”が作れます。
しばらくは付き合いは面倒だから、肉体関係だけの繋がりが良い。
最適の相手になってくれるはず。
可愛い女の子と、体のお付き合いのみ。
これが実現できるのです。
待ち合わせ場所に到着するのが楽しみでした。

 

 相手の女の子に指定された待ち合わせ場所に到着。
そこで、相手がやってくるのを待ちました。
あの可愛い女の子が自分の目の前に立つと思うと、股間も勃つって感じでした。
「稔彦さんですか?」
声をかけられました。
そちらの方を向いてみると、想像を超えたデブスな中年女が立っていました。
なぜ名前を知っているのか?
とっても不思議でした。
「よろしく!」
挨拶までしてきました。
何で名前を知っている、そして挨拶をしてくる?
頭の中の整理が付きません。
「ホテルはあっちです」
無感情に言いました。
もしかして、これが待ち合わせ相手?
この段階になり、ようやくわかってきたのです。
話は全然違うと言うと、キャンセルの時も支払いが必要になると言われました。
それで、やむを得ずホテルに入ることに。
何だか納得できないことばかりでした。

 

 ホテルの中でも、全く納得できないことが継続でした。
男と女の関係は、とても熱いものです。
パッションって言えるものです。
ところが、このデブスのおばさん、表情一つ変える事がありませんでした。
プレイ内容といえば、簡単なフェラ。
そしていきなりの挿入。
これだけなのです。
アヘ声なんか出しません。
射精が終わると、間をおくことなく帰ることになりました。
30分足らずのセックスで、3万円という支払いでした。
ホ別3の価値は全くもってない、そんな男女関係でした。

 

定番サイト登録無料
セフレサイトBEST5
セフレ希望の女の子を探すなら迷わずココ!